Product

就学援助システム

Product

就学援助システム

就学援助システムは、就学援助の支給に伴う運用をサポートする「就学援助」と、
特別支援教育就学奨励費、関連経費の支給に伴う運用をサポートする
「特別支援教育就学奨励費」の機能をご提供します。
それぞれの運用時に発生する審査事務や、支給事務、医療券事務、
支給費目や認定基準額の管理などのシーンにおいて、
運用にフィットした機能をご提供し、事務の効率化を図ります。

就学援助システムの特長

MISALIO同一基盤上での稼働

MICJET MISALIO(*)との同一基盤(IC21基盤)上で稼働することにより、MISALIO住記・税・子育てシ ステムと統一感のとれたシステムとなっております。またバッチ処理、帳票印刷処理、権限管理処理等、同一の操作となりますので、MISALIO導入自治体様であれば、就学援助システム適用の際の操作や運用等において、市区町村様への負担軽減が図れます。

※「MICJET MISALIO」は富士通Japan株式会社の登録商標です。

住民情報・税情報との情報連携

住民情報との連携を行う事で、該当する児童や、申請者の住民記録上の異動を確実に就学援助システムに反映することが可能です。また税情報との連携では、年度当初に行う一括認定審査において、必要な税情報を必要な時点で抑える事ができます。

特別支援教育就学奨励費管理もサポート

就学援助費管理に加え、特別支援教育就学奨励費関連の支給に伴う認定情報管理、支給費目の管理、支払 処理も自治体様の運用に合わせた機能をラインナップし、自治体様における就学関連の運用を強力にサポートします。

システム機能・画面

オンライン機能

申請情報管理 就学援助の申請のあった児童、申請者の基本情報、審査・認定情報の管理を行います。
支給情報管理 就学援助の支給に関する情報(定額・実費、支給日、口座情報など)の管理を行います。
医療券管理 児童単位に、医療券の交付情報、請求情報の管理を行います。
費目情報管理 就学援助の費目に関する情報を管理し、各種統計表、通知書を出力します。

バッチ機能

認定関連処理 認定関連通知書(認定・否認定・書類不備)、一覧表等の出力を行います。また一括認定処理を行います。
支給関連処理 支給情報の一括更新を行い、全銀連ファイルの作成までを行います。また支給費目一覧(個人別・学校別)の出力を行います 。
医療券関連処理 医療券関連帳票(医療券・交付数一覧)の出力処理、また医療費に対する支払処理を行います。
一括審査処理 連携された税情報、生活保護情報、児童扶養手当情報を基に一括認定審査を行います。
連携関連処理 税情報、生活保護情報、児童扶養手当情報の連携処理を行います。

申請書情報管理

申請者、児童それぞれの情報より検索が行えます。申請者情報を基本情報、世帯情報、口座情報単位にタブ化。申請者情報管理の簡素化を実現します。

申請書情報管理

支給費目情報管理

申請者の支給情報を、費目単位に行えます。定額支給、実費支給ともにシステムより登録可能です。特別支援教育就学奨励費業務の場合、支弁区分単位に初期表示する費目を制御可能です。

支給費目情報管理

医療券情報管理

医療券の交付情報の管理が行えます。返却された医療券に対して、診療報酬情報、調剤報酬情報の入力が行えます。また医療費の一括支払処理も行えます。

医療券情報管理

導入効果

住民情報システムとの連動により、精度の高い台帳が管理可能

住民情報との連携により、申請者情報、世帯員情報の住記情報がリアルタイムで連動されます。異動のある本人・世帯員が一目で確認できるため、精度の高い就学援助情報が管理可能となります。

振込処理の簡素化による、業務運用コストの縮小

支給情報の支払の際、口座振込に伴う全銀連フォーマットファイルをバッチ処理より作成可能です。また添付する口座振込依頼書も同時に作成可能ですので、口座振込処理に伴う業務運用コストの削減が可能です。

各種統計算出にかかる事務運用の軽減

就学援助、特別支援の事務運用で必要となる各種統計について、充実した統計表・一覧表、またCSVデータにより、今までの統計算出にかかる事務運用を軽減します。

三重電子計算センターへのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ